どんぐり、いきまぁす。

アクセスカウンタ

zoom RSS 案ずるよりも・・・一緒にどんぐり問題!!

<<   作成日時 : 2013/10/04 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

二学期に入って、親子共々いつものペースになかなか戻れず、なんかすっきりしなかった9月。
疲れているんでしょうね、夏休みと違いどんぐりに乗ってきません。
週一回はどんぐりをやる約束をしてはいますが・・・
これが(あ、気乗りしてないな・・・)と私が思っても、本人がやる!と言い張り、結果どんぐりをやらせてみると、やっぱり

問題を思い込みで解釈
とりあえず描いた、という絵
絵を変形せず、計算で答えを出す
終わるとすぐ正誤答を知りたがる

・・・
私「どんぐり、やりたくない?」
息子「いんや。そんなことないよ。だって自分の学力のために必要だし。」
私「・・・ふーん・・・でも楽しくないでしょ?」
息子「楽しくはないね」
私「修行みたいな感じ?」
息子「まぁそんなもんだね」

義務感からかぁ・・・
どんぐり問題と自分の人生との向かい方とか、色々話してきましたけどね・・・
そこそこ問題対処をする力は付いてきているのかもしれないけど、楽しむことができずに生きていくことになってしまうのかもしれないのか・・・と
自分を振り返れば、
毎食毎食家族の喜ぶ顔を見たいから♪食事作りは幸せ〜♪
とか
掃除してきれいさっぱり、みんなも私もハッピー♪
とか
毎日のいろんなことをそんな風に思うわけもなく、
みんな疲れて帰ってくるー、はよご飯作らにゃ〜(T_T)
とか
いつもいつもいつもいつもいつもごちゃごちゃー!!!(自分が)すっきりしたいーっ<`ヘ´>
とか
それこそ楽しみはなく、義務で、自己中心な毎日を送っているわけで・・・
で、
自分の息子を見て、(どんぐり問題を見て)あぁぁぁぁ・・・(;_;)とまた頭を抱えるわけです。
疲れてますねー、私。

そんなぐったりしている私の隣で主人は
「たまたまでしょ?毎回毎回上手くいくわけないの。あんたテッペン目指し過ぎなの。」
と。
なんか上手くいかない、自分はどうしたいのか?どうすればいいのか?
主人の言葉も聞こえず、ぐるぐると思いだけが頭の中を回ります。

暗い・・・暗すぎます・・・
そんなこんなで
こりゃどんぐりお休みするか・・・
なんて思いがちょっと頭をよぎりました。

が、
なんですが


次に控える下の弟がどんぐりを始める前に、今まで大学ノートにバラバラにやっていたどんぐり問題を、私もクロッキー帳に年長問題から順に絵を描く、という取り組みをやっていまして、取り組み終わった長男に
「年長問題おもしろいから、ちょっとやってみる?」
と絵を描く楽しさを思い出せればいいなー、と誘ってみたのです。
年長問題はおもしろいものがたくさんあって、ここをほとんど未体験の長男にはもったいないことをさせたなー、という思いもありました。
それから弟も混ざって、絵を描く描く描く描く・・・
「こんな問題でも、ウンウンうなっちゃう子もいるわけ??」
「そうだよー。たとえば‘ずつ’という言葉がわからない、とかねー」
なんて話しながら、それぞれ自分の理想の公園の絵を描き上げました。
チラリと見ると、あれー・・・私のとほぼ同じじゃん・・・オリジナルは・・・ほんの少し・・・
ここでまたガックリきてしまったあんぽんな母さんだったのですが、そこはニッコリ
「年長問題楽しかったねー」
で終了。

翌々日、自分から
「今日はどんぐりするから!ケーキ解凍しといてね!!」
と朝から言っていた長男。
この日は問題読み飛ばしや自己流解釈が続いていたので、どーしても読み聞かせさせてほしい、とお願いして(笑)問題をやってもらいました。
問題を読みながらでないので、絵を描くことに集中できますね!
一行読むたびにしっかり時間をかけて絵を描いています。
それに今回の絵は凝ってますよ。面白いです。
読み終わるとさらっと絵を変形させて、
「おしまーい。ここに置いておくから、時間があったら答えでも見ておいてね〜」

!!!!!!

\(◎o◎)/!

なんとあっさり!!
長男に
「やっぱり読み聞かせだと、絵を描くのに集中できていいねぇ〜」
なんて思わずいらんことを言ってしまった母さん
「違うよ。この前お母さんがすっごくおもしろい絵を描いてたから。」

(T_T)

そうか息子よ

目の前の反応に一喜一憂して、負のループへ母さんははまるところだったよ。
楽しそうに母さんやってることちゃんとあったよ。
私の場合、案ずるより産むが易し
案ずるより、一緒にどんぐり問題!
なんです。



にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
acomさん 初めまして。
いつもブログを読ませていただいています。
ありがとうございます。

「子どもの隣でお母さんが一緒に楽しく絵を描く」
糸山先生は何度もこうおっしゃっていますよね。
ついどんぐりの基本をないがしろにしがちですが
基本に忠実に行うことって本当に大事ですよね。
長男さんが この調子でどんぐりを楽しく続けられることを祈っています!(^^)!
みなみのまま
2013/10/06 07:37
更新が滞りがちなブログへ、コメントありがとうございます<(_ _)>
色々書きたいことがあるのですが、タイムマネージメントがなかなか・・・
長男は一つのことに集中するタイプで横で誰が何をしていようが意識にない、と思い込んでいたんです。やり直しどんぐりスタート時は横に座って私も絵を描いていたのですが。ちょうど読んでいた過去ログにも同じようなタイプのお子さんをお持ちのお母さんが、「見ていないようで、息子の良い思い出として残っているのが、母親と一緒に絵を描いたこと(問題は別)」というようなコメントを見つけた時だったのです。
私は今変えよう、すぐ変えよう、どう変えよう・・・と考え込むタイプなので、時に勝手に自分自身が行き詰ることがあります。私にとってどんぐりは手遅れですが(T_T)「楽しむ」を探す旅なのかもしれません。
acorn
2013/10/07 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
案ずるよりも・・・一緒にどんぐり問題!! どんぐり、いきまぁす。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる