軽やかに、楽しそうに、でも浮かれず。

どんぐりも長男の心身の状態もアップダウンが激しく、どうしたものか、と数日悶々と考えていました。
その途中では、
4年生まではこんな風に毎週頭が痛くなって休むことなんてなかったのに・・・
とか
睡眠不足??アソブロックのせい?捨てちゃう???私のテンポと合わない????一体何が原因なのさぁぁぁぁー(`Д´) キーッ
とか
ぐるぐるぐるぐるしてました。
いえ、完全に学校のテンポと合わないだけなんですけど。音・人ごみなど目に飛び込んでくるもの・・・いろんな刺激を拾ってきてしまうからですね。
過去は過去の長男と私と学校のいろんな関係があったでしょう。でも振り返ってごちゃごちゃとあーでもない、こーでもないと原因を追及していたって、目の前の長男の状態は変わらないわけです。
「頭の中がパンパンだよーう(T_T)」
と言う、長男の状態は変わらないんです。

母さん、実はPILOTを受講中です。やっと1/3の所まで来たところです。先の方のIndexを見るにつれ「うぉ!タイムリー!!早くここまでたどり着きたいっ」と思うのですが、諸事情でなかなか・・・(出先でも見られるように父さん、スマホ買って下さい終わったらガラケーに戻りますから。)でもたった1/3だけでもものすごいヒントとか見方とか考え方とか、いろんなものを得ることができました。
その一つが重い腰を上げて?録音した自分の声を聞くこと。
これで声の掛け方を何パターンも練習して自分で聞きました。
まだ何かが足りない・・・
それは私全体に漂うけだるさ、暗さ・・・(自分で書いていて悲しくなりますが(T_T))
ということで、ワントーンアップ作戦です。
軽やかに、楽しそうに、でもハイテンションではなく・・・
まだ三日目ですが、イイ感じです。
ちなみに、動画の中の糸山先生のお声も明るく、軽やかに、楽しそうに聞こえるのは私だけでしょうか???

以前、お母さんが楽しそうだと子どもにも伝わる、まずはお母さんが楽しまないと!という言葉に強く頷いたのですが、私の場合は要注意でして・・・
長男のことを言えませんが、私もこれ!というものにのめり込みやすく、例えば、幼稚園ママさん向けのどんぐり倶楽部活動とか考えるのが楽しくて、交感神経が働きまくり食べられなくなり、眠れなくなり、自己破滅(笑)するタイプです。
だから自分だけがめっちゃ楽しくても子どものことを見られなくなってしまうので、子どもの前だけはそれさえもコントロールする必要があります。長男同様、脳の機能的に抑制が効かないのでしょうね・・・
今楽しい、という言葉を使いましたが、「楽しむ」を感じることを通り過ぎ、自分のしていること・考えていることに酔っている、という感じでしょうか・・・おまけに音も視覚もおまけに内分泌系まで(PMS)敏感です。
正直、メンドクサイ特性だな(o`ε´o)とかって思います(笑)
長男にそれを受け継がせてしまってすまない気持ちもあります。
でも私が子どもの頃はだれもその特性(傾向)も対処方法も教えてくれなかったし、その点だけはマシかな、と。

体力がないので、午後は必ず横にならせてもらう時間を子ども達からもらっています。といっても、近所の子と遊んでいる時間ですが。
ベッドから起きたら覚悟を決めて、ゆったり・にっこり、軽やかに・楽しそうに、でも浮かれず、を覚悟します。
二日目にして、
「あら?自分の体調もなんとなく気にならなくなったかも??」
と感じました。
・・・なんて単純なんだ・・・
私の疲労感なんてそんなもんだったのか???(笑)
なにより、穏やかになり調子を上げていく長男の様子が手に取るようにわかるのがうれしい。
毎度のことですが、なんでこんなことに早く気がつかないんだー自分っil||li _| ̄|○ il||l

そして、調子がいいときはほとんど触れることがない本・漫画・ブロック達。こちらとのお付き合いについても新しい試みをしてみる予定です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村


そんなこんなで、どんぐり倶楽部のPILOT
どんぐり倶楽部がよくわからない方にはもちろん、私のような実践中の方にも、指導者になるつもりのない方にも超おススメですよぅ~。

お疲れ9月

ぎゃー
10月になっているー
二学期は本当に行事が多いですね(T_T)
先週末は運動会でしたよ。
画像

母さん張り切りまくりです┗(`・ω・´)┛フンヌッ!
白組だったので白鉢巻のタコさんウインナーです。
おまけでイカさんウインナーもいます。
チマチマとデコ弁??がんばりました。

でも、
個人的には運動会も学芸会も何もしなくていーじゃん派、です。
長男の幼稚園時代にそれをママ友に言ったら引かれましたけどね。我が子のかわいい晴れ姿を見たくないのぉぉぉぉ???と(笑)

六年生ですので、騎馬戦・組み立て体操と大物ばかりです。
暑い中、毎日毎日練習していました。
9月は前半飛ばし過ぎ?その後は毎週のように頭痛で、計6日間学校をお疲れ休みしました。
でも、騎馬戦と組み立てはメッチャ楽しい!!と毎日行きたがってはいました。
運動会も近づいてきてカレンダーを見ながら母さんが
「今度の日曜日はもう運動会かー。お弁当はどうしようかなー」
とつぶやくと
「ええええっっ!運動会まで後二日ぁぁぁぁぁ!!ピラミッドの練習全然やってないじゃーん」
と今更気付く長男(-_-)

当時、飛び石の祝日含め、5連休中だった長男。
そうか・・・
時間の感覚まだないのか・・・(-_-)

それでも当日は突然の騎馬戦のメンバー変更もモノともせず、赤組の帽子を奪いに奪い大活躍でしたし、組み立てもパーフェクト。
騎馬戦の前は緊張しすぎて、最近はそれほど見られなくなった、瞬きパチパチチックが炸裂しておりました。

また悲願だった(←真剣すぎる・・・と大人な母さんはつい、思ってしまう)自分のチーム白組も勝つことができ、燃え尽きてました(°_°)

こうなるともう代休だけではリカバリーできませんで・・・
自分の感覚を取り戻すために、ペースを乱される弟もいない静かな空間も十分に提供せねばならないのでもう一日お休みです。

そんなこんなで乱気流のような毎日ですが、どんぐりはほぞぼそとやっています。
こちらも当然乱気流・・・

またぼちぼちブログにアップしていければ、と思います。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

宿題は親がやりなさい!

新しい本のタイトル・・・ではなくて、最近次男の通う幼稚園のトップの教育、特に学校の宿題に対するスタンスが入園してからの一年半で随分変わってきました。
これまでは就学時健診や入学前になると年長児の保護者から、学校でのギャップについてよく質問があり、それに対して
「文字は知らなくても問題ない。覚えてから入学した子の方が、授業を集中してきかないなどの問題行動を起こす。」
「時期がくればそのうちできるから(文字・計算など国語・算数のことでしょうか。)大丈夫。」
など、この幼稚園に限らず、よく聞かれるような受け答えだったり、
「この前もたくさん遊んでもう夜寝る時間になってしまったからうちの子には宿題をさせなかった。内容をみても全くためになるとは思えないものだった。担任にご自分でやったことありますか?と聞いたら「ない」、と言われた。あんなのさせられない。」
など、個人の体験に基づくお話しが主でした。

最近幼稚園の方で年長児の保護者対象の講演会があり、先日の在園児のママさん向けの集まりでその話題がでました。
「宿題は親がやりなさい!って言ってたよ。」
「え?やったほうがいいよ、じゃなくて、やりなさい!なの??」
という会話が聞こえてきました。
私はその講演会に参加していないので、どういう意向で流れで、その発言がされたのかはわかりません。
でも、やっぱり在園児のただのかーちゃん(私のこと)が言うのと、いわゆる権威がある方が発言するのとでは影響力がちがうなぁ・・・と。
それにしても、この短い期間の急な宿題に対する姿勢の変化はコレも関係してる?うふ(*^_^*)とか、勝手に想像してる母さんです。そこからどんぐり倶楽部にたどり着いてくれるママさん達が増えてくれたらいいなぁ~とか。
でも、
いくら園のトップの発言だからといって、
「やりなさい!」
だから
「やります!」
というのは危険ではないのかなー、とか、宿題の害とかもちゃんと伝えているのかなー?とか、いらんお世話的なこともちょっとおもっちゃったりする母さんでした。
自分の耳でもこの講演会の内容が聞きたかったな・・・


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村



どんぐり問題6mx79 長編絵巻??

わからん帳から8月15日に最初に取り組み、ちょっとこの問題は粘ってみようか、ということで一カ月取り組む予定で挑戦したものです。
その後9月8日・9・10・12日と取り組みました。
紙を切っては貼り、切って貼り・・・絵巻??という長さになりました。
最初の方は絵巻と呼ぶほど絵を描いていませんが(^_^;)
画像

6mx79
画像

画像


毎回問題文の最初から絵にして解いていました。
実はネットで解答例を見てしまっていた母さん(ズル)
何度一分の流量を求めてやったら??
と言いそうになったことか・・・
でも、ずっと2分と3分の最小公倍数の6分での流量で求め、さらに残りの量をそれからまたさらに残りを・・・
最後は1/2にはできないのでどうするかな??と思っていたら、最後までたどりついて一言。
「やっぱ、絵だよ。絵を描かなきゃね!!」
と長男。

お疲れさまでした。

長男に必要なのは絵の変形(毎回できるわけでないので)と思考の忍耐力だと思っています。
実は忍耐力を付けるにはこれではなくて違う問題(6mx58とか)を選んだほうが良かったかな?と思ったのですが、彼の中でこのミックスジュースの問題は一つの関門という捉え方だったので、これはこれで選択は良かったのかもしれません・・・が、問題の選択にまだ自信はありません(T_T)

今日はガス抜きのために学校を休んでいる長男。弟への口撃が徐々にひどくなってきたので、長男に今の自分の状況を伝え、今日はお休みです。
朝から弟にも余裕で対応しています。幼稚園大嫌いな弟はブツブツ言いながら幼稚園へ行きましたが(^_^;)
長男のテンポと次男のテンポが違いすぎるので、弟がいると休めないのです。次男よ、ゴメン。

というわけで、朝からでんじろう先生の実験本をひっぱり出してきて色々実験をしている長男。
静電気をためて「百人おどし」をやったりシャボン玉を作ったりしています。
が、
そのためた静電気の威力を母さんで試すのはやめてください(T_T)

めっちゃ痛いからっっっ。・゚・(ノД`)・゚・。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

小学受験させる親の言い訳とか、子育て論とか。

2学期が始まって風邪をひき、子どもも私もお疲れ気味。
そういう時こそ、自分の日常での発言を録音して聞いてはココロだけは上へ、上へ、と持ち上げようともがいています(^_^;)

さて、幼稚園では最近就学前の園児の保護者向けに講演会等があったして、催し物参加やお手伝いで園へ行くと決まって教育とか子育てについてのママトークを耳にするようになりました。
就学時健診もそろそろですしね。

そんなママトークの一部をご紹介~。

小学受験させる親の言い訳編
()の中は私のココロの声です(笑)

「あの中学には(荒れているから)絶対に子どもは行かせたくない。」
(あぁ、よくあるパターンね。でも受験のデメリットは知ってるかな?)
「うちは一人っ子だから受験もどうしようかなーって」
(これもまぁ、よく聞く言い訳かな)
「親戚の子どもは末っ子だけ○○付属受験したよ。」
一同「すごーーーーーーーーーーい」
(何がすごい??このどうでもいい価値観や優越感が自分の子どもにうつるんですよぅ)
「へぇー。末っ子だけっていうのもアリだね。」
(???末っ子はありなのか・・・ナゼだぁぁぁ)
「上は男の子だから世間を知っていた方がいいけど、末っ子は女の子だからその必要がないからだって。」
(・・・もう理解不能で倒れそうになった私)

子育て論(もどき)編
(ちょっと教育論(もどき)も入ってます。)

「あの講師の先生は日本の教育は終わってるからインター行かせてる、って行ってたけど、その環境にない私達はあきらめろってことだね、と主人と話してたの。」
(インターはさておき、あきらめちゃうんだ。まだ子どもさん幼児なのに夫婦であきらめちゃうんだ(T_T)
「ホームスクールっていったって、私の周りでやってる人いないし、そんなことできるかな?って。」
(誰かがやらないと自分の子どもは守れないんだね・・・)
「子どもはどんなことも褒めて褒めて褒めまくって育てた方がいいんだって。」
(あー、でました。褒めて育てる論)
「例えばね、お茶やご飯をこぼしたって、「まぁ!この絶妙なお汁のこぼれ具合はすごいわっ!!」とかそんな勢いで褒めて育てた方が、いいんだって。」
「へぇ~。大事なのはわかってるんだけどね~。イライラしちゃうよね~。でもわかってる人(あえて色を変えてみました)はみんなおんなじこと言うよね~。」一同感心。
(いやいやいやいやいやいやいやいや!違うでしょ!!何が育って何がいいんだかわからんでしょっ。)
「でもその人は自分の子育ての時は全然できなくて、ある講座でその子育て論のお話しを聞いて、これだっ!って思って今じゃ自分がそれを広める活動してるんだって。」
(講師さん、自分でやってないんじゃん!自分の子以外にデーター取れたうえで広めてるんだよねっねっ??)

以上、ちょっと毒入ってましたが(^_^;)これが世間のスタンダード?ということで・・・
たまたまお隣に座っていたお母さんが小学校についていろいろと心配されていたので、ちらっとどんぐりのお話しを挟ませていただきました。

ちなみに、食や環境汚染や子どもの育ちについて意識が高いお母さん達が集まる幼稚園です。
ママトークは黙って聞いている私ですが(^_^;)どんぐりに興味を持って頂いたお母さん延べ20名程度の方にこれまでお話しを聞いてもらいました。
地味ーな倶楽部活動はまだまだ続きます。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

夏休みの充電、切れる・・・

え?
もう???

という気がしますかね・・・

先週の水曜日に自分で朝起きることができず(寝たふり、ではなく目が覚めずにまだ夢の中ということです。)
木曜日には早朝トイレ→二度寝で悪夢を見て飛び起きる
ということがあり、あーこれはすでにストレスかかっているな・・・と思っていたら、金曜日の朝には頭痛でダウン。
「おかーさーん、頭痛い。休むーーーーーーーー。」
となりました。
ストレス耐性低いです・・・長男・・・

夏休み前から一週間もつかな?とは思っていました。また、この日は父さんが当直で朝は不在の日でした。この、父親が当直で朝いない日の学校欠席率が高いです。週末に当直が多いからなのか、父親の無言の圧力?威厳??(父さんはどんぐり含め、何も言いません。もちろんプレッシャーもかけていません。)のせいなのかまだはっきりしていません。

運動会の練習が始まって、
「組み立て(体操)が始まったからメッチャたのしー。」
「夏休み明けの給食メニューは豪華だねぇ~(^-^)」
と言っていた長男。
家の中の態度、特に弟に対しての態度は悪くないのですが・・・
算数は今、ひたすら縮小・拡大をやっています。夏休み明けは当然のように実力テストが三日間。(うち一回は欠席のため受けず)
切り替えがかなり負担だったか・・・

家庭はホーム。
子ども達がのんびりダラダラできるよう、特に私の声かけを注意していきます。
昨日もいろんなパターンの声かけを録音してコッソリ練習していた母さんでした。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

自分の声かけを録音してみる

何度かやっていたんですけどね、とりっぱなしで聞いていない・・・(^_^;)
なんてことが続いたので、朝の支度中にイヤホンを耳に押し込んで聞いてみる機会を作ってみました。
で、
母さん・・・

ちょーテンションローーーーーーーーーーーゥ( ̄□||||!!

夕飯の支度からしばらく録音しておいたものを聞いたんですけどね。
ホント、聞いている本人がガッカリ・うんざりするほど、発する言葉が棒読み状態。

疲れていたのでしょうね。
「お母さんは疲れました。早く寝たいでーす。」
とか言ってます。

どんぐりで、お手伝いをしてもらった後に「ありがとう。」に加えて「助かったよ。」のこの一言で有能感が育つ、ということを知り、機会を狙っては実践に移しているんですが、これじゃぁ全然助かった感が出ていません。

結構自分をコントロールするためにも、お芝居できるようになったかな~?なんて呑気なことを思っていましたが、そんな自分にガッカリです(T_T)

小さいころから中途半端な完璧主義で、親や先生が「良い」と思うことを無意識のうちにやってきた典型的な優等生タイプでした。まじめ、失敗しない、冷静、リーダー・・・。また、友達関係のささいなトラブルなども加わって、ますます口調・表情も単調でいつも淡々としているように装って生きてきました。
ま、それも出産までのことですが、しっかり身についてしまったその習慣は今もやっぱり抜け切っていません。

相当注意しないといけませんね・・・

ちょっと声のトーンを上げて(元々声質も低い)抑揚もつけて、スピードもまだまだゆっくりでもいいな、そして毎日3回は鏡見て口角を上げて目も大きく開いて表情チェック、ですね。

アンチエイジングにも効果的かと思われます(笑)

皆さんも是非録音チェックしてみませんか???
本当は動画が撮りたいんですけどねー。ビデオカメラがない・・・カメラの動画では時間制限がありすぎる・・・
・・・買う??

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

計算カード、タイムクリアで乾杯!・・・???

幼稚園でご縁があったお母さん方にどんぐりのお話しをする機会をいただいてから、幼稚園のお手伝い等でフラフラしていると、声を掛けていただくことが多くなりました(^-^)

先日もそんなあるお手伝いさんとして、幼稚園にいたときのお母さん同士のお話しで・・・

一年生、といえば計算カード!
どれぐらいの枚数をこなしているのかわかりませんが、
「うちの子まだ5分以上かかるのー・・・(T_T)」

「うちは最近ようやく4分45秒切ったわよ・・・」

「でも、1分半ぐらいでやっちゃう子もいるんだよねぇ・・・」

などなど。

お一人、ゆっくりさんのお子さんをお持ちのお母さんが
「スピードに違和感はあるけれど、担任の方針でクラス全員が設定タイムをクリアしたら給食のときに牛乳で乾杯するから、それに一人だけ乗り遅れてしまうのはちょっと・・・」
とこっそり打ち明けてくださいました。


・・・・・・
なんじゃそりゃ???

です(勿論、その担任のやり方に対して)

余裕で設定タイムに届く子もいるでしょう。
ギリギリ設定タイムに届く子もいるでしょう。
どれだけやっても追いつかない子もいるでしょう。

スピード・反復の害も勿論のことですが、一人だけタイムに届かないからとみんなから責められ、自分を責め、そのお子さんのココロに残ったものは???

他のいろんなことでも思うのですが、どうしてここに「みんないっしょに」が入りこんでしまうのでしょう???

そのお母さんは夜な夜な少しずつどんぐり倶楽部のホームページを読み進めていらっしゃるそうです。
個人的にはそのお子さんのストレス状態から考えて、数週間で一気に頑張って読みましょう!!とお話ししたいところですが(^_^;)

色々お話しをして最後に
「子どもさんを救えるのはお母さんだけですからね~(^-^)」
とお伝えして別れました。

「ちょっと背中がシャキッとしました!」

とおっしゃっていましたが、お母さん、ファイトでーす!(^^)!
おっと、他人事じゃない、母さんもファイトですっっ


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

どんぐり問題6mx91

2学期が始まりましたねー。
滞りまくりだったブログも再開です。せっかく追いついた・・・と思ったら、夏休みでどんぐり問題アップが再び後追いになってしまいました(T_T)

7月31日に取り組んだものです。
6mx91
画像

画像


前日にトータル約7時間かけた夏休みの課題の絵画を仕上げました。この日は感想文(母さん作です!(^^)!)の清書にとりくんでいました。しゃっきりしない日はまだ続いていて、ダラダラと自分の本来の感覚を取り戻すかのように・・・なんて書くとかっこいいですが(汗)私の方からするとつい「しゃっきりせーいっ!!」と言ってしまいそうな毎日でした。(でも頑張って言わなかった)

どんぐりも7月18日から取り組んでいませんでした。最近は頭を使っていないねぇ・・・とボソッと言うと、この問題をする、とノートをひっぱり出してきました。

ちなみに・・・なぞの人物はハマグリとアサリでできています(^_^;)
まず二枚目上の絵から
家から学校までは1kmで、時速3kmで歩くのだから、1/3の時間がかかるから20分
学校→幼稚園→学校まで7分かかる
時速3kmを分速に直すと分速50m
学校から幼稚園まで4分でいくとしたら??200m
幼稚園から学校まで3分で行くとしたら??200m
と、予測して解いたようです。
たしかめ算として、
3分で200m進むのでこれを1時間にしてみると
60分÷3分=20回分
200m×20=4000m=時速4km
でO.K.

や・ややこし・・・

この勘、とか見当をつける・・・てのは頭の中でなにかちゃんと実は計算というか根拠のある考え方をしているのでしょうかね??

こちらの問題もネットで公開されている数が少ないので、是非是非いろんな作品を見てみたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

どんぐらー親の会in愛知 夏の陣

夏は苦手な母さんは、もちろん!夏の会合はスルーして涼しい時に計画しようっと♪なんて思っていました。
りんごさんいろはさんに加え、夏休み直前になんとなんと二名もメンバー加入があった!という事件(?)があったので、これは顔合わせをしましょう、と一人勝手に盛り上がりまして、17日に「夏の陣」として開催することになりました。
お一人はご都合がつかず、今回はゆゆままさんが初参加となりました。(パチパチパチ)

夏・・・
それは、暑く・厳しい・・・(私にとって、です(^_^;))

ということで、

みんなでどんぐり問題!→プール!!!

という流れになりました。

プールは子ども達の目が離せないし、たぶん親同士の交流はあんまりできないかもな~、と思っていましたが、やっぱりできませんでした(笑)

いいんです。
子ども達がとっても楽しそうだったので!

さて、いろはさんがブログにも書いて下さっていますが、掃除機のものすごい音にもめげず、子ども達は集中してどんぐり問題に取り組んでいました。ちなみに長男は当日張り切って早朝に目が覚めてしまい、到着直前に眠くなる・・・という状況で、最初こそ座布団で寝ていましたが、その後むっくり起き上がると「うおー!今日はこれー!!」と
6mx04
画像

画像


ぶつぶつと独り言を言いながら、最後の一人になってもまったく気にすることなく(というより、そこまで意識できない)小数計算を延々としていました。
終わってから母さんが一言。
「どんぐりでは、小数計算は分数化します。」
またまた計算が始まり、
「分数だとめちゃ簡単♪」
とあっさり答えを出しました。この時は答えを持参していなかったので帰宅後に確認をしました。
そして・・・
分数計算はさっぱりな低レベル母さん(T_T)
長男に説明をしてもらいましたが・・・
「なんでわかんないのっ!これが比べる量でしょ!もとにする量を出すんだから、100÷5/8でしょ!!五年の下だったかな~、(教科書をしまってある本だなをのぞきに行く)ほらっココッッ!!」
となんでわからんのかっ!と怒りまくるオヤジのように(T_T)怒られまくった母さんでした。
だって、スマートな言葉すぎてわからんもんは、わからんっ(  ̄っ ̄)ムゥ
後日、
「じゃあさ、5/8なんでしょ?そこから絵にしてほしいなぁ~」
とお願いすると、渋々でしたが、絵を変形してくれました。
「あ、分数で計算しなくても出ちゃった。」
と終わりましたが・・・
それでも、計算はここまで必要?と思うところまでこまごまと計算したり、絵から答えが見えてくる・・・という実感はあったかどうかは疑問です。
どんぐりでいうところの視考力と絵の変形・・・小四後半からのやり直しどんぐりでは、なかなか難しいです。

さて、
今回の会合では反省点がありました。どんぐりを解き終わった子ども達、じっとおとなしく座って親のおしゃべりに付き合ってくれるわけがないので、大広間でもう少し静かにゆっくり過ごすために、みんなでなんちゃって漢字読本作り・即席ゲーム大会・自宅からボードゲームを持ちこむ・・・なんて工夫が必要でした。

それでも限界があるでしょうから、やっぱり涼しい時に広い公園で思いっきり体を動かすのがいいな、と思った母さんでした。


・・・・・
後日談
お疲れ熱??
珍しく長男が翌日深夜から発熱しました。
本人
「夏休みに熱なんてー(T_T)あと三週間ぐらい待ってくれればよかったのにー(T_T)」


ということで、どんぐらー親の会in愛知、懲りずに新メンバーさん募集中です♪コチラ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

どんぐり問題6mx75 とりあえずやる、という姿勢だとこうなります

7月12日に取り組んだものです。

画像


画像


平日にどんぐりに取り組むことができず、本心は今週はやらないでおこう、と思っていたのでしょう。
(土日はなぜか、どんぐりをすることを嫌がります。自分で意識しないうちに決めた「マイルール」にしばられて(こだわって)いる場面がまだ見られます。
ヘンな完璧主義の一つかな、と思っていますが高学年やり直しどんぐりは、それをほぐすのもなかなか難しいです・・・)
ところが弟の方がにっこにこで「どんぐりする~♪」とノートをひっぱり出してきました。
それを見て、「やっぱり今日やることにしてたし・・・」と準備をし始めました。
10分もしないうちに
「ずっと難しいと思っていたけど、簡単だった」
と終了。

そんなに早く終わるわけないでしょ・・・
と思いつつ、ノートを見せてもらうと、やっぱり適当に計算しただけ。しかも、確かめ算の答えも違っているのに
「答え合わないけど、確かめ算の答えがヘンなんだよ。」
と、ヘンテコな理由が返ってきます。
すると
「そうだ、文字式使ってみよう!」
と習いたての文字式を立式・・・できるはずがなく、めちゃくちゃ。

実はこの前日にご近所友達と庭キャンプをして、睡眠不足の上にすぐに子ども会行事のため屋外で練習、昼寝の後友達と温水プールで散々遊んで・・・
とかーなーりハードな二日間を過ごしていたのでした。
本人は仕方ないからどんぐりをやろう、という気はない、と言っていましたが・・・
この一週間は個人懇談などで後半は早帰りでした。台風の中遊びまくっていた長男。でもちょっとしたことでイライラしていたのは続いていました。
一週間でたった一度のどんぐりタイムを作ることができない・・・
疲れているとわかっていたのに、どんぐりをする意味とかサラッとですがまたまたまた本人に話しました。
サラッとなんて言いつつ、君に考える力を付ける気がないなら、どんぐりをする意味はないからやめよう。お母さんはそりゃ残念だけど、悔しいけど、君がそっちを選ぶなら何も言わない。もう六年生だからね。
なんて厳しいことも言いました。
「えー。ホントにやるのを忘れちゃう日があるから「どんぐりはー?」て教えてよ~。」
なんて言っておりましたが・・・
そしてやっぱりこの日の夜は文字通り、バタンキュー!ですっと寝てしまいました。

それでも足りない母さんは、また別の日にどんぐりモードの話し(朝な夕なのminamoさんの記事がとてもタイムリーだったのです。)も加えたり・・・

私はどんだけ話してるんだ。いつもアツいお母ちゃんでうっとうしいかな?
とか
しつこいかな??
とか
話しをするタイミングがずれていないかしら・・・と毎度自信がないのでゴチャゴチャ考えてしまうのですが、長男は
「え?そうだっけ??」
なんていう返事が返ってくることもあり(゜o゜)

夏休みまであと一週間、となり母さんの頭の中は「リセット・リセット・リセット・・・」でいっぱいになっているのでした・・・

(このリセット→進化への母さんの勝手な思い込みと期待が空回りして、退化させてしまう一撃を長男にくらわせてしまったのでした・・・そのときの記事



にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

どんぐり問題6mx84

7月4日に取り組んだものです。
画像

画像


問題を選ぶときに
「比の問題だしなー。どうしよっかなー。」
とブツブツ言いながら選んでいるので、ちょっと問題をのぞいてみると、「比の値」と未修項目があるようです。
聞いてみると
「今日ならったばっかり。縦と横で割ると0.6ってことでしょ?」
と。
そうか、習ったのばかりならこの問題はさっさとやってしまうかな?と思っていたら、30分以上かけて絵と数字を書き込んでは比の値が0.6になるまで延々と計算・・・
本人は
「できた!地道に計算して出たよ!!」
と大満足。
うーん・・・
0.6=6/10約分して3/5=3:5
に気付かないかー。

本人はすっきりして喜んでいるので、あからさまに母さんの「ガッカリ感」をだしてはいけない、と
「お疲れ~」
とおやつの準備。

翌週に比の値から先に進んで分数でも値を表すことを学校で習い興奮して
「おかーさん!今日習ったよ!!!これ、この前の問題も(6mx84)めっちゃ簡単に解けるじゃん!!」
と新聞の余白にさらさらと書いて再び正解を出しました。

これも、準備学習、となったのかな?


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

夏の・・・退化?!

みなさん、着々と進化計画進行中のようで、う・うらやますぃー(T_T)です。
退化させているのは・・・母さんです・・・


長男の様子です。
先週一週間はなんだか力が入らず、まさに「魂の抜け殻」状態。
6月には半分学校を休んだのに対し、7月は脱水による頭痛で一日休んだだけで、頑張って通った結果なのかもしれません。
とにかく、
ぼーーーーーーーーー。
ひたすら
ぼーーーーーーーーーーーーーー。

い・生きてる??
と声を掛けたくなるぐらいでした。

さらに、遊ぶ友達もおらず、ブロック・本に傾いてしまい、母さん焦る。
PMSと風邪に加え、ついていないないことが立て続けに起こったある日、やってしまいました。
何か月ぶり?何年ぶり??かのキツーイ、嫌味を・・・
長男はちょっとムスッとしたものの
「○○くんちへ行ってくる・・・」
といるかどうか当てもないのに出かけて行きました・・・
家が安心できる場所ではなくなってしまったからです。

なにやってるんだ、私。

過去の経験から冬休みはリセットするには短すぎる、と本人以上に、夏休みだ!進化だ!!と気合が入っていました。
長男ならできる、やれる!、と私自身今となってはなんでこんなに?とよくわからない期待もありました。

焦りですね。
長男が小6であることの焦りです。

あの嫌みの一言・二言が、どれだけ悪影響を与えてしまったでしょう・・・
後悔先に立たず、です。

私の覚悟が足りません。
どんぐりをする意義や夏の進化については何度も長男に話していますし、ごそごそと私がわからん帳の整理をしているので気づいていると思います。
長男にも覚悟ができていないのです。
覚悟なんてできる段階じゃなかったのです。

だって、宿題はまだ完全に終わっていないし、一学期のリセットもまだ途中なんです。

なんで我慢できなかったか、私。

スロースターターの長男と私。
もうつっつきません。
遅めの羽化を待ちます。夏の終わりにジージーと鳴くセミもいます。

って、
羽化できるよね?!

今までの私や学校のつっつきかたから、そんな不安も抱えています。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

夏休み宿題発表

恒例の?夏休み宿題発表~(ドンドンドン・・・)

・日誌
・自由研究(やり方のプリント付き。全然自由じゃない)
・読書感想文
・ポスター・習字等作品募集用
・漢字ドリル12ページ
150字詰めノート24ページ分
・計算ドリル23ページ
約5割が、分数×分数などの単純計算1ページ20問
・市から出た、ヘンテコパンフレット作り
(埋めるところは少ないので・・・まあテキトーに)

こんな感じでーす♪

我が家のマシーンはこの三連休でカタをつけたるっp|  ̄∀ ̄ |q
と無謀な計画を立てております。

連休後、命があったらここでお会いしましょう(笑)

全国のマシーンの皆さまー!
元気ですかー?
元気があればなんでもできるー!
いいですかー!
はい、ご唱和ください!
1・2・3、だぁー!!!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

求む!どんぐり問題5mx84

6月6日に取り組んだものです。
画像

画像


6日間のリセット休みの後、登校再開し、代休の後一日登校して頭痛・疲労感で2日間再び休み、その休み明けに取り組んだ問題です。
ガンプラを完成させるのに意地になっていたり、明らかに弟が嫌がっているのにさらにおふざけをエスカレートさせ泣かせたり・・・休ませた初日はもともと次男も幼稚園が嫌いだし、母さんもなんだか疲れているし・・・ということで二人一緒に休ませました。
が、これがいけなかった。
明らかにテンポもエネルギーも違う二人。
お構いなしにしゃべり続ける次男に、自分のペースを乱される長男のイライラは増大してしまいました。
あまりにも長男がミクロの世界(内に閉じこもる)にいるので、なんとかして外へ連れ出すなどして対処していました。これを機に二人同時に休ませるのはやめました。
こういうときは外へ行ってもすぐに
「つまらーん。なんかしよーぜー。」
と遊びを友達任せにして、アイデアが出てこないとまたイライラ。
そしてブロック遊びや読書の時間が増えます。

さて、問題に戻ります。

10分ぐらいかけて問題選びをしていました。
始める前にはいつも
「大きく・大きく・見やすく・見やすく・丁寧に」
の私のつぶやきが入ります。
長男は静かに取り組み始めました。途中、
「むむっ!!」
「あっ!」
などと言いながら書きなおしたりしているうちに鉛筆が止まり、ジッと絵を見つめて考えている様子
「あ、わかった!」
「いや違うー」
隣のページに書き出し
「できたー!」
この間25分。
「答えー!お父さーん!」
とやっぱり答え合わせを催促し
「2時20分!」
「残念」
で父さん黙ってりゃいいのに、
「何時じゃなくて違う聞き方じゃない?」
とヒントーーーーーーーーーーーーー(-゛-メ)
「あぁ、お父さん・・・」
と私が恨めしそうな顔をすると長男が
「○○ちゃんの大切な進化をつぶしたーーーーーー!」
と私の言い方を真似て冗談を言っていました。
もちろん答えは1時間25分と書き直してありました。
そしてまさかの
「あーーーーーー楽しかった♪」

そして、絵の方は・・・
6回転する時計ですが、通常12時が真上に来るところ、1時から始まっています。
でも、1回目重なってから二回目が重なるのは何時間何分後で、何時何分ではないので、何時スタートでもよいと考えたのでしょうか???
本人に聞いてみると
「ん?そうー」
と本当にそう思っているのかどうなのかわからない返事で・・・
そして、長針は通常の時計と同じ目盛りが書かれているので、一時間で4周するわけですね。
あー思考を辿るってツライ(T_T)

どんぐり倶楽部の公式ホームページには子ども達の作品が問題ごとに何点か掲載されています。
同じ問題は私的には非常にスマートに解いてありました。(角度と文字式を使っていました)
他の作品も見てみたいな~。

求む!5mx84!!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

どんぐり問題6mx24

5月30日に取り組んだものです。
画像

画像


6日間のリセット休み開けから4日目です。
当時のメモを見ると・・・
すでにイライラしていました。いつもはどんぐりを終えてからおやつを食べるのですが、この日はまず小さいおやつを用意してゆっくーり味わい、気分を落ち着かせてから取り組み始めました。
余談ですが・・・
その時人工香料ではない、本物のレモンをすりおろしたクッキーを子ども達と食べました。
が、
私だけその微妙な味わいがわからないっ(T_T)
どんだけ鈍感なんだーーーー自分Σ( ̄ロ ̄lll)

さて、話を戻しまして
「ただの絵じゃつまんないからどういう風に描けるか考えようと思う。」
と最初の絵を描いてからしばらく筆算をしているので思わず
「絵だよ~。絵だよ~。」
と呪いのように?声を掛けてしまいました。
「この計算だけやったら絵にできるから。」
と落ち着いた声で答えて約20分ほどで終了しました。
イライラしているときはどんぐり問題は頭を切り替えてしようとしますが、計算間違いを塗りつぶしたり、レイアウトというか、絵全体のバランスも崩れます。
やっぱりこの日も終わるとすぐに
「お父さん答え!答え!」
そこでまた私が
「おまけ~、おまけ~、ご飯にしよ~。」
と言うと
「あー!前は答え合わせも忘れて放ってあったけー。」
と自分自身を振り返っていました。

しかし・・・
思考の後追いは時間がかかる母さんでした。
私の脳みそって・・・(T_T)

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

これってフツー?@学校

長男の通う小学校だけではなく、知人らのお子さんが通う公立小学校の内容も含みます。
地域性もあるのでしょうかね?

では、いってみましょー!

・宿題忘れは居残り。帰宅は5時6時コースがある
(学校からの指導としては、不審者対策のため、一人での登下校は避ける、となっています。門を出るまではみんな一緒。でもその後は???)

・居残り宿題はチェックが入った時点までにやっていないものを全てしなければならない
(チェック日は先生の気分によって変わるそうです。)

・プール見学者は自分達で机をプールサイドへ運び、漢字ドリル

・登校して朝の計算(漢字)タイムが終了するまでに連絡帳を書かなければいけない。先生が集める時に書いていない子どもは宿題追加
(ちゃんと連絡帳が書けているか、先生がチェックするそうです。6年生なんですけどね(^_^;)字が汚い子は何度も書き直しをさせられるそうです。自分が読めればいーじゃん。と思うのは私だけ??ちなみに一日中次の日の連絡は黒板に書いてあるそうです。)

・給食の着替えはタイマーをセットしてする
(時間内に着替えられないとグループポイントが減点され、ある得点まで減点されるともう一週当番が回ってくる)

・体育の授業の移動中に少しでも私語が聞こえたら教室から出直し
(なぜか授業中に移動していましたが・・・全クラスの横の廊下を何度も何度も、階段にまで差し掛かっても教室へ逆戻り・・・静かに移動させたいのはわかりますが、これでは余計に気になるって・・・)

・宿題忘れは廊下で正座してする。終わるまで教室に入れてもらえない。もちろん授業も聞けない

・私語を止めなかった、と椅子を取り上げその週はずっと床に座って授業を受ける

・宿題は学習係が集めてちゃんと先生の指示通りできているかチェックしてから先生へ提出する

・宿題は学習係が集めて、未提出者を先生に報告する。未提出者は皆の前で「ご迷惑をおかけしました。」と謝らなければいけない
(学習係が名前を割り出すという作業をさせたことに対するおわび)

・前年度に鬱で休職中だった先生が突然休暇。休暇何日目かの一年生の授業はひたすら粘土遊びとトムとジェリーのDVD
(一年生の言うことなので、詳しくはわからないが、授業をやった形跡がない、とか)

・「先生は声が出ないので、今日からモノで怒ります。」と一年生に宣言した

・忘れ物が多い子に「あなたはこうしなきゃ探せないんでしょっ!!」と机の中の物をぶちまけ、探させた


なんか他にもあったような気がするんですがー。
ありすぎて忘れました。

これって、フツー、ですか??

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村


どんぐり問題6mx47

5月23日に取り組んだ問題です。
ブログ「明日は明日の風が吹く」のるうぱんださんの長女さんも同じ問題に取り組まれていますよ。
長男と同じ学年です。高学年どんぐらーさん発見でうれしー。

画像

画像


長男は基本的に週一回のどんぐりです。昨日に引き続きのどんぐりは珍しいです。
この日はリセット期間3日目で、幼稚園へ行き渋る弟を見て(お兄ちゃんだけ休みはずるい)
「○○ちゃんはね(未だに自分のことを家ではこう言います。)お勉強するから、遊んでばっかりじゃないんだよ。」
と自分でどんぐり問題を引っ張り出してきて、私が弟を幼稚園まで送っていく間に終えました。
帰宅後
「お、これ○○くん?(飼い犬の名前)へぇ~。かたつむりを正面から描くのは斬新だね~。」
などと言いながら、ノートを見せてもらっていると
「絵を描いてからね、確かめ算をしていたら簡単な方法を見つけたんだー。ややこしそうだったけど、簡単だったわー。」
と、答え合わせは全く気にせずその場を離れ、ガンプラのウェザリング(わかります??)研究に入りました。

①の解き方は王道?かな、と思います。
②で20分は60分(1時間)の1/3ということに気が付き、同じ答えに辿りつきました。

この前日は長男は学校へ行くつもりでした。
チックはまだ改善しているようには見えないし、弟にもつっかかっていく場面が目立つ長男を見て、私はまだだな・・・と思っていましたが、朝起きてきた時に
「悪夢見た・・・寝不足だよ・・・今日も休む・・・」
と本人から休むことを選択しました。

学校というストレスから解放されて、余裕があるとこういう状態にまで持っていけるようです。
小学生までは根っこを作る大切な時期だから、少しずつ調整してやっていけばいいじゃないか、という思いと、
でももう小六の5月だよ!?こんなストレスに弱い状態で中学や社会に出てやっていけるの??もっと何か方法があるんじゃ???
という焦り+黄体期突入(T_T)で、毎日の手帳の私の体調には
疲れている・・・
眠い・・・
頭真っ白・・・
頭痛・・・
なんて文字ばかり書いてありますねー(^_^;)

やばいやばい。
母ちゃんには笑顔が必要ですよ!!
(過去の私へ)

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村


どんぐり問題6MX45

5月22日に取り組んだものです。

画像

隣ののページに式も書いてもらいました。(写真を撮り忘れました)
100×5=500
200×4=800
500+800=1300
4000÷1300=3あまり100
100円

この二日前に前回の添削結果が返ってきて、覚悟はしてましたが
「かなり重症な絵なんですよ」
のコメントに動揺しまくり、ずっとどう環境設定をしたらいいのか頭の中がいっぱいだった頃です。
長男はちょうど添削が返ってくる前日に担任とのことでたまったストレスが一気に出て、泣きながら話してくれる、ということがありました。
学校を休んだ二日目のどんぐり問題です。

始める前のおまじないの言葉をこの日から変えました。
「ゆっくり・ゆっくり・見やすく・見やすく・丁寧に」
それに加え、再度どんぐりに取り組む理由を話しました。

といっても、すぐにできるわけではありませんね。
今回も絵も数字も小さいです。
ただ、丁寧に描いていました。
「リアルなさなぎを描いてあげるね。ふっふっふっ・・・」←私が虫嫌いなので(^_^;)
などと言いながら、それでも10分ほどで終了し
「これは絶対に(答えが)合ってるね。合ってないわけない。」
と。

答えを気にするということは、まだまだ良い状態ではない証拠です。
この週から私の試行錯誤が始まるのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

どんぐり問題4mx33

5月15日に取り組んだものです。

画像

答えのページを写真に撮るのを忘れてしまいましたが隣のページに370mと書いてあります。

この週は頻繁な瞬き、いわゆるチックも少しおさまっていた週です。
本人の調子も上向きだと私は感じていた時です。(が、実際は色々と我慢をしていた様子)
この日は雨で誰も遊ぶ友達もおらず、ブロック遊びや漫画や本を読んで過ごしていました。
そして・・・手帳にどんぐりの時の様子の記載がない!
幼稚園行事が色々とあったり、どんぐりに興味を持って下さったお母さんが、是非子どもを連れてくるので、どんぐり体験会をしてほしい、というご希望があったり・・・と私自身楽しいけれども余裕がない状態の時は、やっぱり手帳も余白が目立ちます。

いつもより時も絵も丁寧に描いていますが、相変わらず絵は小さいです。
さっさと終わってしまった記憶があります。

そしてこの翌週、学校でたまりにたまっていたストレスが一気に出たのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村