どんぐり、いきまぁす。

アクセスカウンタ

zoom RSS 点数主義

<<   作成日時 : 2013/06/12 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長男の担任は恐らく、学校一人気がある先生です。
先週あたりからテスト勉強30分という宿題が出ています。夏休み前のテスト週間に入ったらしいです。
当然
「テスト勉強?やらなくてもいいんだよ〜。先生にだっていつでもお話するからさ〜」
と毎度その理由も含めて長男に話していますが、絶対にやっていきます。
その理由は・・・

「だって、宿題忘れるとグループポイントが減って、グループのみんなに怒られるもん!」

グループポイント???

この担任は個人に対してポイント制を導入していて、提出物、授業中の問題提出の速さ・正確さ、などなどでポイントをノートにつけています。一週間である程度のポイントがたまるとちっさい自家製の賞状がもらえる仕組みです。
5年生・・・
まんまとこのシステムにのっかっています
チャ○○○とおんなじ仕組みじゃないか・・・

個人のポイント制は知っていたけど、グループにも課せられているなんていう話は初耳です。
減点の仕組みは
「グループポイントがマイナス100になると、グループ解散だもん!給食のときだってグループの子と話せなくなっちゃうんだよ!!!


・・・
・・・・
・・・・・
連帯責任ですか・・・


軍隊かっ

大人が考えれば、一回に与えられる、もしくは引かれるポイントは微々たるものなので、マイナス100ポイントになる可能性はゼロに近いのですが、やはり影響力のある大人、それも担任の言う言葉ですから生徒は素直に従いますよね・・・


この半年だけですが、育てなおしにあたって、特に点数主義・できるできないは関係ない、ということを長男にわかってもらうためにあれこれ心を砕いているというのに・・・
ガーン


と、担任を非難していても仕方ないので長男と話し合いです。
ところが、手抜きテスト勉強のはずが、教科書をコピーして切って貼って・・・の作業が思った以上に時間がかかってしまい、寝る前のお父さんと遊ぶ時間が無しに
イライラする長男
まずい。いかんパターンだ・・・

こういう時は何を言っても私の言葉は入っていかないので、ちょっと一人にしておきました。
ところが、終わったら二階へ上がってくるはずが、一向に上がってこないので下を覗き込むと・・・
本読んでる・・・
長男はストレスがかかった時に本をむさぼり読む、という回避パターン行動をとります。
イライラオーラもなかったので、
「どれどれ肩凝ったねぇ〜。ご苦労さんだったねぇ〜。」

必殺こちょこちょ攻撃


長男はくすぐりが大好きです。
ちょっとゆるんだところで、担任のこの点数主義についてさらりと話しました。
もうじっくり話す時間も長男の体力もなかったので・・・


長男のクラスには学年の問題児が複数います。どうやら学年主任でもあるこの先生のクラスにまとめられた様子です。でも今のところ目立った問題は起きていません。乱暴で自分の意のままに相手を操ろうとする子、とにかく目立っていたくて、行動も声も大きくて落ち着きのない子、などなど・・・それぞれ計算は早く、テストの点は取れる子ばかりです。逆にすでに授業がちんぷんかんぷんで、授業中はそれこそ透明になっている子もチラホラいます。
そういう子ども達を盛り上げ、まとめる手段として先生はこのポイント制を導入しているのでしょうね。
同じグループの子に迷惑をかけたくない、という長男の気持ちもわかります。
自分だけこの制度から抜けられない、という現実もあります。
その上で、長男を健全な人間に育てるためにこのシステムとどう付き合っていくかを、長男が心から納得して行動できるよう、折りをみて話し合わなくちゃな、と思っています。
またまた試行錯誤の日々がやってくるのかー。


ぬおーーーーー。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
点数主義 どんぐり、いきまぁす。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる