アクセスカウンタ

<<  2015年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


二重跳びが38回できるぞ。

2015/04/22 12:32
私のことです。
子どもを外に連れ出すべく、長縄を買い、ゲームに群がっている子どもの近くで黙々と練習していたら、2回ぐらいしか跳べなかったのが

38回

(そりゃもう、強調します。)

跳べるようになっちゃいました。

・・・
・・・・
・・・・・
その後は日常生活に支障がでるんですけどね(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


楽しい、中学生活。

2015/04/22 12:26
なんです。
「小学校より中学校の方が楽しーーーーーーーーーーい(^−^)」
のだそうです。

授業も楽しい。
個性豊かな先生が各教科変わるのが楽しい。
いろんな新しい子に出合えて楽しい。
かっこいい部活を見つけた(のが楽しい。)
委員会活動も楽しい。
課題??

「中学生って、山盛りの課題があって、部活もあって、全然自分の時間がないと思ってた。でも、自分で調整すれば遊ぶ時間もちゃんとあるのがわかった。(で、楽しい)」

先日もプリントの自主学習部分にやったら都道府県や県庁所在地名を書いているので、ちょっと一言・・・なんて言いかけたら
「書きたいの!書かせて!!勝手にやらせて!!!」
と言われてしまいましたよ。
・・・
ハイ。
・・・
(T_T)

環境が変わるというのは大きいです。小学生の時も環境を変えることを検討して、結果、学校は変えずに、じゃんじゃん休む、という方法を選びました。
環境・・・
大きいです・・・

先日も授業参観がありました。
本当に楽しそうでした。目がイキイキしていました。
いつもシールドを張ったかのように、授業に集中していた長男が、5年生の途中から心ここにあらず、という状態になっていたのですが、やっぱり学校のストレスだったのか、と再確認。
(と同時にもっと早くじゃんじゃん休ませれば良かった、とも後悔。)

ちなみに、一年生全クラス回ってきました。子ども達の目を観る修行のためです(笑)
目ヂカラがある子はクラスに一人いるかいないかぐらいだったと思います。

それにしても、
長男の通う中学校の雰囲気はゆるい・・・
私の時代では考えられません。
授業中でも先生に挙手せず、勝手に「せんせーい〜。ここさぁ〜・・・」
と休憩時間に友達に話しかけるようにこんな言葉を言いだす子が一人や二人じゃないんですね。
全体に幼い雰囲気があります。
逆に小学校はギュウギュウに絞って管理しまくりでした。
小中逆では???
と思いつつ、学校を後にしましたとさ。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高校入試のボーダーラインと内申の計算をしてみる。

2015/04/17 13:12
この4月から子ども達のタイムスケジュールが大きく変わったので、ちょっと時間が持てるようになった母さん。
気が早いようですが、長男が今のところねらっている高校の合格ボーダーラインの内申と当日点(テスト)を計算して、必要な内申点を出してみましたよ。
・・・
ふーーーん。
ナルホド・・・
志望校がわかっちゃうので(笑)詳細は載せませんが。
長男なりのフツーに提出物を出して、フツーに勉強して、フツーにテストを受けると、どれぐらいの評価がつくのか?をリサーチする1学期だと母さんは勝手に思ってます。
もちろん、勝手にやっているので長男はそんな計算をしていることは知りませんし、夏休みぐらいに必要があれば話しをしようと思ってます。
ちなみに、
内申のカラクリについてはコチラをどうぞ。→高校入試・内申点のカラクリ
ココ、愛知県では平成29年度(平成29年3月)から入試制度が変わります。現在の中学二年生からですね。
学力検査が
20点満点×5教科

22点満点×5教科
となり、検査時間も5分伸びて45分になります。
県のホームページにも

現在の中学校の学習活動において重視されている思考力、判断力、表現力等を
これまで以上に測る学力検査とするため、検査時間を5分延長するとともに、各
教科の配点を現行の20 点から 22 点に増やします。


とあります。
・・・
むーーん。
たぶんこの入試が変わる!思考力を試される!!で各塾は売り込みに力を入れてくるのでしょうね。
で、
平成27年度の校内順位の決定方法については

(参考1)全日制課程一般入学における校内順位の決定について
ア 受検者を「A」及び「B」に分ける。
(ア) 調査書の評定得点(※1)と学力検査合計得点(※2)の累積人数がともに各高等
学校の定める基準人数内にある者について、その他の入学者選抜の資料を総合的に判
断した上で、この者を「A」とする。
なお、基準人数は、一般入学募集人員を原則とする。
(イ) 上記「A」に属さない全ての受検者を「B」とする。
イ 校内順位の決定は、「A」、「B」の順序で、総合的に行う。
ウ 「B」における順位の決定については、各高等学校があらかじめ選択した次のT、U、
Vのいずれかの方式によって得られた数値を基礎資料とした上で、総合的に行うものと
する。
T (評定得点)+(学力検査合計得点)
U {(評定得点)×1.5 }+(学力検査合計得点)
V (評定得点)+{(学力検査合計得点)×1.5 }
※1 評定得点は、調査書の9教科の評定合計を2倍にした数値(最高90点)とする。
※2 学力検査は、国語、数学、社会、理科及び外国語(英語)の5教科で実施し、各教
科20点の配点(合計100点)とする。


学校裁量部分は普通科だと下位高校以外はVを選択しています。
新しい制度に移ってからのものはまだ発表されていないですが、合計が190点満点が200点満点に変更になるぐらいで裁量は変わらないかな・・・と勝手に予想しています。


中学に入って課題(宿題)がはじまりました。内容は小学校の復習プリント。
地理のプリントにはご丁寧に
「表は全員取り組みましょう。終わったら裏に自主的に取り組みましょう。(評価にプラスします。」
と書かれていたり、
ある教科の先生は
「課題なんてやらなくてもいいぞ〜。丸付け大変だし、君達の名簿に×付けて、評価を下げるだけだから〜。本当にやってこなくていいぞ〜。」
と執拗に言ってきたり(苦笑)
入学式こそ、教務主任の言葉からは内申の「な」の字も出てこず、
「テストの点数とか目先のものに一喜一憂しないでください。表面に表れているものは氷山の一角なんです。海の下の思考力や判断力・意欲・好奇心といったものを大切にしています!!」
というお話しを聞いて、時代も変わったなぁ・・・なんて思っていたけど、やっぱり現実はコレでしたね(笑)

ちなみに長男は定期テストの順位とか内申とか、まーったくなんのこっちゃ知りません。
この一学期でどう変わるのか、長男ウォッチは続きます。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どんぐり問題集計

2015/04/16 13:24
ブログ「朝な夕な」のminamoさんが最後にどんぐり履歴を載せていらっしゃったので、マネ、です(笑)

長男 どんぐり履歴

0M (3) 6
1M (21) 3
2M (2) 5
3M (73) 73
4M (30) 25
5M (3) 41
6M (3) 80
EX  5
(分からん帳問題含む)

()内の数は4年生12月の「どんぐり育てなおし」以前に取り組んだもので、使用上の注意を守らないことはもちろん、結果(答え)重視の取り組みと家庭内の環境。
166/301問がホント?のどんぐり的取り組みと子育て分です。

ブログ「レオンくんがご案内しますどんぐり卒業生の皆さんへ中にあるように、長男の作品も送ろうと全作品をカウントしながら見ていると・・・
4年生12月以降に取り組んだものは全部、私もその当時のことを詳細に思い出せるんです(゜o゜)
反対にいち教材として取り組んでいたころの物は、全く覚えていない・・・(>_<)

文章題に強くなる?
地頭を鍛える?
幼く・賢く・逞しい子に育てる?
人生を楽しめるチカラを付ける??

全部そう。
でも、どんぐりの取り組みは、
親の私の中にも大切なものを置いていってくれましたよ。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


いーひっひ♪なEX005

2015/04/11 15:35
昨日は中学生活最初の課題か??と思ったら、なぁんにもなく、引き続きどんぐりに取り組んでます。
EX005(1)
画像


長男が取り組む二時間以上前から同じ問題で格闘していた母さんo(`ω´ )o
もちろん長男にはノートは見せていません。絶対に解いてやる!と言葉には出さないけれど、ちょっと(大分)意地になっていた、^^;母さん。
気迫は相当だったと思います。。。

やっぱり同じ机でそれだけ真剣に問題に向き合っている人がいる、というのは長男にとっては必要な環境であるようです。今日はいつもと真剣さが違うな・・・と思っていたら、正解を出してきました。
母さんは・・・イケる!と思ったら全く違う答えで
「くやしーT^T」
と再チャレンジの最中の長男の正解で
「いーひっひっ!。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。」
とやられて更に
「くやしーっっ(−_−#)」

翌日、立式してもらいましたが、前日は基準値を半分にして考えを進めていたのを、基準値1にして立式しようとしていたので一時間ぐらいかけて立式していました。
画像

画像


えーちなみに母さんはEX005を検索しまくって、(どんぐりホームページの1問しか恐らく公開されていない。)結局もとの武蔵中2006年の解答例がmixiにあったので、コッソリ見ちゃったのでした・・・
情けなーい(T_T)

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


長男、中学生になる。

2015/04/10 12:50
ということで、
入学式当日にいつものように黒靴下を履こうとして
「あれ?後から白靴下(学校指定)に履き替えるの??」
と聞かれて
「・・・あー、そっかー、入学式かー・・・えっ?今日制服着ていくの???」
と驚きの(゜o゜)発言をしていた長男でしたが、無事中学生となりました。

毎日慣れない詰襟のホック閉めやベルトに悪戦苦闘し、朝も小学生時代は起床時間だった時間に自宅を出ています。
昨日・今日は学力検査で、今週いっぱいはいろんなオリエンテーションということでほぼ授業はなし。
恐らく今日初めての課題(宿題)を持って帰ってくることになると思います。
「宿題やったことないしさー。量こなすのに慣れてないじゃん。帰ってきたらずうぅぅぅぅっと勉強する生活なのかな〜(T_T)」
とちょっと弱気な発言も聞かれますが、少しずつ新しい知り合いもできてきた、だとか、担任はこれまでと180度違って超アバウトな先生で大丈夫かな〜、だとか、まずまずのスタートを切れているようです。
入学式前日はキラキラした目で
「ワクワク・ドキドキして眠れなーいっっ゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.」
なんて言っていた新中一生。( *´艸)( 艸`*)ププッ

だって、
新小6の春休みには緊張で初めてチックが出始めた時期だったんです。
今回はチックは全くなく、新しい世界への期待と興奮と、そんなプラスの感情でいっぱいでした。(もちろん勉強面とか不安も本人なりに少しは抱えています。)

さて、春休み中は一週間のキャンプに参加し、部屋を中学生仕様にし、残りの時間は各教科のわからん帳の消化とどんぐりのわからん帳の消化、手を付けていないEX問題に取り組んでいました。
入学後も課題が出るまではEX問題を続けました
が、なーんか気もそぞろ・・・という感じがしないでもないです。
切り替えスイッチ、覚悟、やっぱりこれが今後も彼の課題となると思います。

画像

画像

画像


小学校の卒業式があった日の夜は
どんぐり倶楽部のホームページより
「中学生のための教育講演会用原稿」
を代読させていただき、
「塾に行かずに高校受験PDF」
「One Zemi べし・べからず集」
をプリントアウトしたものをファイルに入れて渡しました。
そうしたらなんと、るうぱんださんも同じことをされていて、思わずニヤリ。

ブログには出てこないけれど、きっと日本全国のどんぐり卒業母さん達が同じことをしているのではないかな〜と、ちょっと思ってみたり。

今年からちょっと時間も持てそうなので、どんぐり寺子屋スタートや、どんぐり方式子育てサポーター╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !を勝手に名乗っちゃって、年長さんから低学年のお子さんをお持ちのママのサポートをしていけたらなぁ・・・と思ってます。
・・・って、勝手に名称考えてますが、よろしいですか?糸山先生・・・
(ブログで聞くこっちゃないか。)

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2015年4月のブログ記事  >> 

トップへ

どんぐり、いきまぁす。 2015年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる